メンズ

中国輸入代行で経営をスムーズにする|夢の実現に役立つ

アウェイであることを理解

握手

先方のやり方を尊重する事

インドネシアに会社設立する場合に注意しなければならないのは、風土の違いや考え方思考の違いです。宗教の違いなどにおいて会社内部の設備などにも工夫をしないとなりません。日本ほどきっちりとした性格を持っている国はありませんので、日本企業が他の国に進出する際には、あいまいさを十分に注意しなければなりませんが、インドネシアの人は楽観的な人が多いとされています。日本のように企業に対する労働者の姿勢は強くありません。残業や休日出勤などはほとんどしません。そのため労働力が減少しないような調整を図っておくことが会社設立に関して重要な項目となります。生活の優先順位において労働は下の方に位置しているため、計画性の低さなどは国民性である理解しておく必要があります。

国民性を理解する事

宗教の違いは食べるものの違いにも出てきます。インドネシアではイスラム教の人が多くなっています。アルコールや豚肉などを禁じていることが多く、会社設立の際に社員食堂などを併設する際には、取り扱う食品に注意が必要になります。また食品会社の向上を設立する場合には、取り扱う加工食品などに注意しないと受け入れられなくなってしまうこともあります。最も注意しなければならないのが国の価値観の違いによる軽蔑です。日本と同じ感覚で行う事によってインドネシアの無計画性などが露呈することも少なくありません。しかしそれはその国の特徴でもあり軽蔑してはならず逆に国民性を尊重しないとその国での会社設立を成功させることはできません。まずは国民性を理解することが何より大事なのです。