女性

中国輸入代行で経営をスムーズにする|夢の実現に役立つ

国民食のラーメンで独立

男女

外食店の開業ではラーメン屋が多くなっています。ラーメン屋は他の店舗で修業ができるために、開業がしやすい環境があります。なお、ラーメン屋の開業では、居抜き物件を活用することも可能です。しかし、居抜き物件では特にラーメンの味がクセになることが大事です。

詳しく読む

経済発展率が高い

握手

製造業が盛んな国

インドネシアの魅力はその人口の多さです。約2億5000万人の人口は世界で第4位を誇り、日本の約2倍の人口がいます。そしてその経済は、海外進出に支えられていることが実情です。そのためインドネシアに会社設立を行うことは着実に右肩上がりの経済を助長することになり、将来性があるため人気になっているのです。国民総生産であるGDPの伸び率も極めて高く6パーセントを超える経済発展が魅力の要素となっています。それに加えてインドネシアは親日国の一つであり、日本企業を積極的に受け入れる姿勢があります。そのためインドネシアでの会社設立は中国などと比較するとやりやすい特徴があります。特に発展しているのが製造業です。そのため日本の多くのメーカーが工場を進出させています。

海外だからこそ下準備

資源が豊かであり、日本への流通もすでに本格的な仕組みが出来上がっており、さらに労働人口が多く、日本の製造業を支えているのはインドネシアになりつつあります。工場以外の会社設立も今後の経済発展性に見込みを抱き多くの外資参入が行われています。しかし日本と異なる文化や経済環境は十分に注意しておかなければなりません。外資で受け入れられる業種であるのか、文化やルールの違いによって企業の存続に影響を及ぼすことも考えられますので、会社設立前に事前調査をきちんと行うことが何より大事な要件となります。また税金の取り扱いなど日本には存在しないルールもあるため、ビジネスを軌道に乗せるための下準備は日本で企業を営む以上にシビアになっていく必要があります。中国輸入代行も現在注目されています。多くの企業が中国輸入代行に頼っているのです。

アウェイであることを理解

握手

インドネシアでの会社設立の際に最も気を付けなければならないのは国民性の違いです。インドネシアで会社を経営する以上、日本人が経営者であってもアウェイの存在です。そのため国民性を理解して尊重することが重要なのです。

詳しく読む

ラーメン業で稼ぐ心得

スーツの男性

ラーメン屋の開業というと、厳しい修行が必要だったり資金がたくさん必要だったりという先入観がありますが、実は資格が必要なく誰でもいつからでも始められる職業です。居抜き物件を利用すれば、5万円程度で物件を借りて開業することができます。

詳しく読む